お悩み相談ブログ | 成幸者の心理学は初回15分無料で電話・LINE・メールカウンセリングを行っております。

  • LINE
  • メール
  • お問合わせ
  • 成幸者の心理学
お悩み解決!メール・電話・LINE

Blog

2020年07月21日 [お悩み相談]

カウンセリング体験談〜Yさん50代男性〜

ここでは実際にカウンセリングを受けられた方の声をご紹介させていただきます。

■悩みジャンル
人生・生きる意味・経営・人間関係・親子関係

■相談しようと思ったきっかけ・内容
・田舎町で経営している焼肉店が人手が足らず、売上も上がらず、モチベーションも上がらない。
どうしていいのか分からない。

・男手一つで育てた一人娘が結婚し、人生における生きる意味、働く意味などを失ってしまったような喪失感。

・楽しみがないので、酒とタバコに溺れる日々。

■相談してみて・・・

まずお店の経営以前に、自分自身が常に被害者になっている事に気づかせてもらった。
私のお店は父から譲りうけ、「やりたくないのにやらされている」そんな思いで30年間やってきた。

そのため結婚してから、妻に経営をおしつけ、私は違う仕事で忙しいからとお店の経営から逃げてきた。
そんな状態なので、うまくいくわけもなく、資金が足りないとなったら私の母に妻から借りるようにお願いにいってもらい、
気付いたら母へ6000万円の借金ができていた。

そして妻も愛想を尽かして出ていき、スタッフもどんどんやめて気づけば自分一人になっていた。
お店はやればやるほど当然赤字だが、何かあると母に頼れば、息子だからしょうがないと甘やかしてくれて
私はそれを「やらされているのだから当然」だと感謝のかけらも思っていなかった。

しかし、カウンセリングを受ける中で、自分自身がお店をやると決断しておきながら、
うまくいかない理由をすべて人の責任にして、自分で責任を取ることから逃れている事に気づいた。

そこから私は経理などすべて母に任せていたものを、自分でやる事に決めた。
資金が足りなくなれば銀行にお金を借りに行き、自分で返済する事にした。
また税理士も雇い、決算も自分で確認をしながら、税理士とやる事に決めた。

そして今までないがしろにしてきたお客様、そしてスタッフに心から謝罪する気持ちで
町内に一軒一軒挨拶に回った。

すると、お客様の中には喜んでくれる方もいれば、当然お怒りの方もいた。
店内は汚いし、愛想もないし、待たされるし、お店にいっても気まぐれであいていないし、
どうなっているんだといわれる事も多々あった。

しかし、これからは毎日徹底した掃除をして、お店を開け、誠心誠意心を込めて料理を作らせていただく事を伝えると
着実にお客様が来てくれるようになった。

そして奇跡的にここで働かせてくださいといってくれる、スタッフにも出会えた。
今までどうせ誰も手伝ってくれないと悲観的になっていたが、
自分の勝手な思い込みだっただけで、本当は探せば働きたいといってくれる人がいた。

そして今まで沢山迷惑をかけた母に、初めて感謝の気持ちと謝罪を伝えた。
母は涙して喜んでくれた。

50代にもなった息子が、今更ながらちゃんと自分でやっていこうと決めてやっていく姿を見て、
初めて親孝行ができた。

そこからお店の方は右肩上がりで通常の売り上げの3倍以上になった。

カウンセラーの方とは毎日のように連絡を取りながら、細かいアドバイスをいただいた。
まるで自分の事のように、心を込めてやってくれたので、自分の人生を変える事ができた。

まさか自分が自分で楽しくない毎日を選んで、していたとは驚きだった。
環境や人のせいにして、今まで愚痴をいっていたが、今では感謝しかない。

自分で自分の人生を生きる勇気と覚悟をもって、これからも常に相談しながら
人生の成幸者を目標にやっていきたいと思います。

本当にありがとうございました!

今では別れた奥さんにも謝罪ができ、いい関係を築けています。
これから第2の人生楽しんで生きていきます。

PageTop